将来何になりたいのかを早くから考える

一度経験したから言えるのでしょうが、「将来何になりたいのか?」という考えのもと、進学を選んでいく必要があると思います。たとえ途中で進路が変更してもそれは構わないと思います。それより、就職活動が始まる直前まで何も考えていなかったと言うのが一番まずいと思います。

 私は就職活動直前まで何も考えていませんでした。みんなと同じように就職活動をして、内定を貰えた会社に勤めたら済む話しだと安易に考えていたのでした。でも実際はそんなに世の中は甘くありませんでした。

 私は中学まではのんびりと田舎の公立に通っていたのですが、その中学時代にちょっとしたキッカケから電車を乗り継いで進学塾に通う事になりました。その進学塾で「ヤル気」スイッチが入ってしまい、猛勉強を始めたのでした。そして他府県の難関私立高校に受かる事が出来ました。田舎の公立中学校では抜群の成績だったのですが、その難関私立高校では全くついていけないほど周りは優秀な子ばかりでした。

 その高校受験で入ったヤル気スイッチが「いかに偏差値を上げるか」のスイッチだったのです。なので、高校に入っても偏差値を上げる事だけを目標に猛勉強しました。なので、「どんな勉強をしたくてどこの大学を目指すか」ではなく、「どれだけ偏差値の高い大学を目指せるか」を目標にしていたのでした。

 みんなそうでしたが、その中でも、「将来どんな仕事に就きたいから、~学部のある~大学を目指す」ときちんと将来を見据えた上で偏差値を上げる努力をしている子も勿論いました。でも、その学校の勉強についていくのに必死だった私には、将来の仕事まで考えるゆとりは全く無かったのでした。親から「将来何になりたいかを考えて大学、学部を選びなさい」と言われている友達もいましたが、私の両親はのん気だったので、一切そんなアドバイスもしてくれませんでした。

 そして、自分なりには一生懸命受験勉強に取り組んだのに、目指していた国立大学には受からず、関西ではまあまあ有名と言われている私立大学に入学が決まりました。そこで、「偏差値を上げる」という大きな目標が無くなってしまったのでした。

 その大学内にも、将来を見据えて勉強をしている学生はいましたが、多くはサークル活動やバイトに勤しんで大学生活をエンジョイしているという雰囲気でした。

 でも、いざ就職活動が始まると、大学生活をエンジョイしていた子達もきちんとリクルートスーツを着て、企業分析をして、面接をこなしていくのでした。そこで「みんなと同じようにしたらいい」と思っていた私は、全然その流れに着いていけなかったのでした。みんなと同じように出来る人と出来ない人というのが世の中にいる事を知りました。「みんなと同じように出来ないであろう」と自己分析していた人、具体的に「~の仕事がしたい」と考えていた人はそれなりに早くから対策を取っていたのでした。つまり、大学選びから対策していた人もいるという事なのです。いざ就職活動をしてみて、「やっぱり企業は無理」となったからと言って、直ぐに対策が打てるほど世の中は甘くありません。

 私は結局、地元の小さい企業から何とか内定を貰えましたが、どうしても勤め続ける事が出来ず、半年で退職し、それから2年近く勉強だけして、専門職採用の公務員試験を目指しました。何とか合格できたから良かったものの、大学を卒業してからのやり直しは精神的に本当にきつかったです。高校時代の友達の中には、薬剤師や管理栄養士を目指してそのような学部を受験した人も多くいました。大学入試時には決められていなくても、大学中に福祉方面の専門学校に通い始めたり、それこそ公務員試験対策の予備校に通う人などもいました。

 親のせいにするのは間違っていますが、受験という人生の岐路で、「将来何になりたいのか?」という話し合いは必要かな? と思っています。気付けなかった自分も悪かったのですが、人生は通り過ぎてみないと分からない事もたくさんあります。なので、その一度通り過ぎている親が子供へアドバイスやら考えるキッカケを与えるべきではないでしょうか? 我が家では、自分の子供が「将来何になりたいのか?」を考えていける人間に育てたいと考えています。